スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7章 plan.11

昨日届いたんですが、読んでから仕事が手につきません。←しっかりしろよ

もう心配ないと思いますが一応‥(笑)がっつりネタバレ注意でございます。









そっと寄り添ってる2人‥
この表紙を見ただけで、ものっすごい色々こみ上げてきます。

心臓がこう‥ぎゅうぅ、って感じ。切ない、嬉しい、寂しい‥

よし、本編いきます。(?)


『先輩は‥今 どうしたい‥?』

どうする!?俺!?状態な兄さんですが、はっと我に返ります。
ちっ‥違うだろっ‥てね。うんうん。
正直‥ほっ。(ごめん森永くんw)

いや、違うんです‥なんか複雑なんです。
まだ言って欲しくないような‥
心から幸せを願ってるけど、まだ言わないで欲しい‥そんな心境。
あ゛ーーーー〜〜‥


進みます(笑)


とにかく、兄さんが一生懸命いろいろ考えて喋ってるのが可愛い。
なにこれ可愛い。(大事なことなので2回言いました)

森永くんも、兄さんを安心させたくて『大丈夫だよ』ってことを優しく伝えます。

が。

違うだろっ‥てね☆(笑)
あー!いじらしい!でも違うの!そういう事じゃなくてー!!

と1人で勝手にヤキモキしてたら‥兄さんが切り込みました。
あれを‥まだ気にしているんだな、と。


『オレがやりたくてやったことなんか一回だってねぇだろ!!』


この台詞は、2人にとってすごく重い傷になっていると思います。
森永くんも『なんで今‥そんなこと‥』と少し焦った様子。

でも‥兄さんが。
はっきりと『あれは オレが悪かった』って‥。
森永くんはポカンとしてます。
『本音ではあるが』とか言われてぐさっっときてますが(笑)

言い方を間違えた、と言う兄さん。やりたがるのはいっつもお前で、“オレがやりたがった”わけじゃないと。
でも『心底嫌だったらお前ブチ殺してでも やってない』と。

そうです。兄さんは、森永くんだから許したんです。嫌とか怖いとか、そんな風に思ってない。
もちろん戸惑いや抵抗はあっただろうけど、それでも受け入れたのは“森永くんだから”。

もう!わかんなかったのかよ森永!(まさかの暴言w)

うん、でもね‥ずっと自信が無かった森永くん、すごく救われただろうなって‥(T_T)
ありがとう兄さん‥なんでそんな可愛いのですか‥←しつこい

かわいい、愛しい、思いっきり抱きしめたい。そんな気持ちがあふれてくる森永くん。
でも今はダメだ‥と自分を抑えながらも、とにかく『嬉しい』という素直な気持ちを伝えます。

そして‥こっから。こっからですよ。何がって私の泣きポイントが。←知らねえw


森永くんは、兄さんに謝ります。
困らせてばっかでごめん。
迷惑って言われても気持ちを押しつけてきた。
何度もあきらめようとした。
でもダメだった。
自分ではどうしようもない。


兄さんは、しっかりと森永くんに向き合って耳を傾けています。そして‥


『本当に‥大好きですよ‥‥』


笑顔で、心からの気持ちを伝える森永くん。
この顔が‥いつもみたいに可愛いだけじゃなくて、すごく穏やかで、幸せそうなんです。
『ごめんね‥これからはなるべく困らせないように‥するから‥』
って言葉すら、幸せそうに笑って口にするんです。
“もう迷わない”って決意したような顔なんです。

その後の兄さんからのキスは、流れるような、本当に自然なものに感じました。
4巻の、ある意味勢いに任せたようなものとは違う。
6巻で森永くんの涙を拭った時みたいな、自然な行動のように見えるのです。

だから‥あまり驚きはありませんでした。いやドキドキしましたけど(笑)
すごく穏やかな気持ちで受け止められた。あぁ泣いた‥

まぁ兄さんも、あんな顔で『大好きです』なんて言われたらたまらんでしょうよ。← お い ww

まぁその後は予想通り、兄さんのまさかの行動がたまらん森永くんの森永くんは(ry

つーか『ごめんなさい!!だらしない下半身で!』ってw
ナイス自覚です☆(笑)
暴君のこーゆーとこ和みます。好きだ‥。(正しい感想ですよね?w)

慌てて『今のうちに逃げて下さい』とか言う森永くん(笑)
でも兄さん、真っ赤になりつつ頑張ってる‥!ほんと頑張ってます!!
何がって‥いややわぁ‥言わせんといて‥(なんだよw)


『もう逃げないって‥ だから‥
 いい加減わかれよ‥!』


ですってよ‥(´;ω;`)
ふるえながら、一生懸命に伝えています。
覆い被さってるけど、抱きしめるんじゃなく、拳が森永くんの頭の横で握られているのが‥なんか兄さんだなぁ。

本当に、本当に嬉しかっただろうな。森永くん。
そりゃ調子にも乗るよね(笑)
だって兄さん可愛いんだもの。仕方ない。


“心が‥つながってる”


森永くんのこのモノローグ見て、あぁ、本当にここまで来たんだなぁ‥って思いました。
兄さんの事が好きで好きで、でも身体はつながってるのに心はつながってなくて。
ずっと自信が持てなくて、焦って、不安で仕方なかった森永くんが、やっと、心から安心できる場所を見つけられた。
本当はずっと側にあったんだろうけど気付けていなかったものに、やっと気付くことが出来た。


『先輩‥ありがと‥うれしい‥
 オレのこと‥受け入れてくれて‥』

『初めて‥好きな人とひとつになれた気がする‥』


そう言って泣く森永くん。“初めて”という言葉に込められた想い、今の兄さんにはきっと伝わってると思います。

森永くんの頭を撫でて、抱きしめる兄さん。
『バカだな‥泣く程のことかよ‥』
って台詞にも、すごく愛情が感じられます。
いいなぁこのシーン大好きだ‥涙が抑えられませんでした。
ここで感情が高ぶりすぎて、しばらく次のページに気付かなかったバカですみません(笑)

あぁ‥本当に良かった。暴君が終わると知ってからずっと寂しかったけど、今は幸せな気持ちの方が大きいです。
2人が幸せなら、それでいいです。

エピローグまでしばらく間が空くようですが、多分あっという間なんだろうなぁ(^^)
もう読めるだけで嬉しいです。高永先生ありがとうございます!
しばらく幸せな気分に浸れます。本当に良かった。

毎度ながら遅いうえにうっとうしい感想ですみません‥ネタバレ防止でブログ巡り出来なかった反動ということでお許し下さい(笑)

読んでくださった方、ありがとうございました(^^)
スポンサーサイト

コメント

Secre

プロフィール

碧

Author:碧
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。